洋室の畳敷きのお部屋

そうそう。
洋室畳で思い出したのですが、

→小さなこだわり

洋室の畳敷きを選ぶ際、設計さんに「フローリングはどうしますか?」と聞かれました。

洋室に畳を敷く場合、下にフローリングを貼る事ができるようです(普通はこっち?)

用途としては、お子さんが小さい場合など、乳児期のオムツ換えなどは畳の上で、お子さんが大きくなられたら、畳を外しフローリングの子供部屋に・・・・という使いかたができるようです。

なるほどー!!!と思ったのですが、うちはあとでフローリングのお部屋にする予定もありませんし、フローリングの上に畳を敷くとなると、段差が出来ます。
ですので、ここはフローリングは無しにして、床暖房の上に畳という和室仕様になってます。
これだと、リビングからの段差がなくせます。

図面上、うちのこの部屋は「大壁和室」ではなく「洋室(タタミ敷)」となってます。途中なぜか、大壁和室になってた時期がありましたがw

ややこしくなりすぎて、上棟時に監督さんに「そういえば和室の段差はどうされますか?」と聞かれ、「ん?段差あったっけ?」と設計時のやり取りをすっかり忘れていて、監督さんとフローリングのあるなしについて再度確認するということがありました。(;^_^A

着手承諾から4ヶ月あるとすっかり忘れますね(笑)


にほんブログ村

スポンサーリンク
広告(大)




広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)




コメント

  1. きりこ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ブログ読みましたよ!
    楽しんでブログを書いているんですね♪
    是非、私のブログにも遊びに来てください♪