キッチンボードの貼り増しのおススメ

ぼちぼち桜が咲き始めたのですが、山口県では標準木である下関の桜がまだのようで開花宣言がされてないのが残念です。桜の満開が待ち遠しいあす蘭です。

今日はうちで採用していたおススメのオプションのご紹介。
キッチンボードです。
ちょーっと真っ白で見えにくいのですが、

青い部分が通常のキッチンボード位置です。赤い部分は普通はクロスになると思います。
ここに壁がなければ問題ないのでしょうが壁がある場合、特に下のほうに油などが飛び散ることがあります。友人のちゃあまさんのアドバイスによりうちでは赤い部分にキッチンボードを貼り増ししてもらいました。

貼り増し分と合わせたちょうど真ん中あたりにIHコンロが来る位置になってます。どちらに跳ねても大丈夫。打ち合わせのときに、手前(IH)側には飛ぶのはわかりますけど向こう側にはツイタテもあるしそんなに飛ばないんだから、手前に合わせて貼って貰えないんですかね?と聞いたのですがご覧のように分かれてるとこに仕切りが入っちゃってるのでずらすことは出来ないといわれました(手前にあわせるとカウンターの途中に仕切りが来てしまう)

ちなみにうちでお値段 18,000 くらいだったとおもいます。天井下がりの分少し安くなった記憶があるので通常20,000くらいですかね~

ここへ壁があるおうちにはおススメのオプションです。
跳ねてもサッと拭くだけでものすごく楽。クロスだとこうはいかない 貼ってよかったです。
貼る人が増えてくたら標準で貼ってくれるようになるんでしょうね。てかもうなってたりしないのかな。

【おまけ】
うちでは、掲示用のマグシートなどを付けてないので、ちょっとしたメモなどを貼る場所がなくて困ってるのですが、ボードがツルツルしてるのでマスキングテープの可愛いのでメモを貼ったりしてます。広いので大きいのも貼れます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
広告(大)




広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)