ジェットストリームの芯を替えてみよう!

私のお気に入りのボールペンはジェットストリーム。

書き味もなめらかだが、インク溜まりができにくいのも気に入っています。

仕事用に4色&シャーペンの4&1リラックマのジェットストリームを買いました。

(๑・㉨・๑)があまり主張していなくていい感じです。

どこかに置き忘れても私のところへ帰ってきますw (๑・㉨・๑)で私のだとバレるためw

しかし、このリラックマ、芯が0.7mmなんですよ。

なのでちょっと好みの細字にするため芯を替えてみよう思います。

替芯を買って、芯を交換してみましょう

替芯のあるボールペンのいいところは、経済的に長く使えるところですね。

各メーカーが出している替芯はサイズも色も豊富です。

もちろん三菱鉛筆さんも替え芯をたくさん用意してくださってます。

長さや形状がいろいろあり、合うものでないと芯が出てこなくなるのでしっかり調べて用意しましょう。

替芯は文房具店やホームセンター、コンビニと結構いろんなところで売っています。ドラッグストアの文具コーナーでもありますね。

替芯のまたは本体の品番を確認

本体を開けて替芯を出してみると、替芯の品番が印字してあります。

ちょっと凸凹してるのですが、まぁよく見ないと見えません。

ので、替芯自体の品番がわからければ本体から替え芯の品番を探します。

https://www.mpuni.co.jp/product/ballpoint_pens/refill_oil_based.html

↑uniさんの油性ボールペン替芯URL

写真が載ってるので探しやすいです。

替芯の品番がわかったら次はインクの太さを選びます。

最近の主流は0.5mm

最近のボールペンは0.5mmですよね。

コンビニに置いてあるペンもたいがい0.5mm。昔は0.5mmは細字でなかなかなかった。

今は細字とは書いてあるけどそれが標準ですね。あとは極細0.4mm前後が人気でしょうか。

ジェットストリームだと0.38mmですね。

昔は私はわざと1.0mmを選び太字が好きでしたが、最近はジェットストリームの0.38mmやSARASAの0.4mmにハマって細字を選んでいる傾向があります。

しかし残念ながら、リラックマの4&1は0.7mmだったので、芯を替えたいのです。

ちなみに4&1の替芯の品番はSXR-80-**

**のところはインクの太さ。0.38なら38,0.5mmなら05となります。

いろいろなサイトでも購入できます。

単品やセットがあるので自分のスタイルに合ったものを選びましょう。

私は今回は全色交換なので、緑を探して単品購入にしました。

本体を開けて芯を取り出す

芯の取替は色を間違えないように、一本ずつ行うと良いでしょう。

しっかり奥まで差し込んでください。レバーが下がっているとうまくいかないので、下がっていたら他のレバーを下げてみましょう。

替え芯本体の太さはどれも同じなのですんなり交換できます。

すべて交換したらしっかりキャップを締める

芯先がきれいに並んでいればOK。

あとはしっかりキャップを締めるだけ。

これで交換終了(๑・㉨・๑)

上0.7mm、下0.38mm

結構細いです。

しかしワタシ的にはとっても書きやすく好きです。

まとめ

ジェットストリームは、芯の品番さえ合えば、インクの太さは違っても交換できます。

今のと違うサイズにしたい!本体気に入ったけどインクの太さが気に入らない!というかたは、替芯をお試しされたらいかがでしょうか!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク